商品カテゴリから探す
企画・用途から探す
予算と数量から探す
    • 数量
    • 名入れ
    • 予算
× 閉じる

数量と金額から選ぶ

  • 数量
  • 名入れ
  • 予算

印刷方法

パッド印刷

インクをのせたシリコンのパッドを対象物に押し付けて印刷するため、立体物への直接印刷する際の形状的な制約が少なく、曲面にも簡単に印刷する事が出来ます。
細かい線が比較的きれいに印刷できますが、広範囲への印刷やベタ塗りには向きません。 隠蔽(いんぺい)性がシルク印刷よりやや劣ることがありますが、2度刷り、3度刷りをすることで対処する事が出来ます。

≪例≫プラスチック製品など小さな範囲に印刷する場合

シルク印刷

インクのノリが良く鮮明な印刷ができます。
孔版をスクリーンとして印刷対象を覆い、版自体の穴からインクを付けて印刷する方法で、シルクスクリーン、スクリーン印刷とも呼ばれています。
身近なところではプリントゴッコなどがこの方法を使用しています。
シルク印刷での版は、メッシュ状のスクリーンに感光剤を塗布してからフィルムの焼付け、現像処理を行い、これによって出来た穴が使用されます。
当初は木枠に絹を貼った物に裏から型紙を張り、これを印刷面に当てその上からインクをつけて行っていた為、「シルク」という名称が使われていますが、現在では版素材のほとんどがナイロンやステンレス網で出来ており、絹を使用しているわけではありません。
ほとんどの材質の物に印刷が可能ですが、凹凸面の印刷には不向きです。

≪例≫布製品・紙製品などに広い範囲に印刷する場合

インクジェット印刷

フルカラーの写真やロゴマーク、グラーデションを鮮やかに再現できるのがインクジェット印刷(フルカラー印刷)。プリントヘッドから液状インクを吹きつけた後、UV光(紫外線)を照射することでインクを瞬時に硬化させ、素材に定着させる方式です。アクリルやプラスチックなどの非吸収性素材への印刷、対象物に接触しないので多少の凹凸のある物への印刷も可能です。

ホットスタンプ(箔押)

シルクスクリーン印刷では表現できない、金属のような風合いの文字やマークを入れることが出来ます。 ホイル(箔)を熱処理で圧着させる印刷方法で、金色、銀色など、光沢のある印刷が可能です。

《例》紙箱・桐箱・革製品・クリアファイル 等

レーザー彫刻

レーザー彫刻とは、レーザー光の持つ光の高いエネルギーによって、照射部分を一瞬にして蒸発させてしまう加工方法のことです。この鋭利な光の刃物は、手彫りでは不可能とされる1mm以下の微細な線も描く事が出来、ロゴマークや文字を忠実に再現する事が可能です。
商品そのものの魅力を損なうことなく、高級感溢れる仕上がりを実現する名入れ方法です。
《レーザー彫刻が出来ない素材:ステンレス・プラスチック等》

《例》木製品・アルミ製品 等 (個人名名入れも可能!)

機械彫刻

機械式の彫刻用カッターおよび、先端がダイヤモンド製になっているカッターを使用し、文字を書くのと同じように彫刻することが出来る名入れ方法です。
レーザー彫刻とは違い、使用可能な書体は、機械の設定に準じた書体(丸ゴシック)のみとなりますが、レーザー彫刻が出来ない材質の商品(ステンレス・真鍮等)を含む、ほとんどの金属への名入れが可能ですレーザー彫刻同様、高級感溢れる仕上がりになります。

《例》ステンレス・真鍮製品 等

刻印

マグネシューム製や真鍮製の版を機械や手彫り等で作成し、熱と圧力をかけて押します。熱と圧力は素材(革の厚み、質etc)により変わり、捺す機械等により調整します。
尚、革の種類により、熱によって焦げる物、圧力によって凹む物等があります。

真鍮製の版は比較的高価ですが、細かい文字等も名入れ出来、綺麗に仕上がります。

《例》キーホルダー・革製品 等

オフセット印刷

街中に溢れているカタログなどのカラフルな印刷に用いられているのが、この印刷方法です。
版に付けられたインキを、一度ゴムブランケットなどの中間転写体に転写(offset)した後、紙などの被印刷体に印刷するため、オフセット印刷と呼ばれています。
非常に鮮明な印刷が可能で写真のような画像も印刷できるほど表現力があります。

《例》紙箱・クリアファイル 等

サンドブラスト加工

サンドブラストとはサンド(砂)ブラスト(突風・爆風)という名の通り、圧搾空気で細かい砂を吹き付けて表面を彫刻していく技法です。よって、色のついた印刷方法とは異なります。

《例》クリスタルガラス製品 等

ポッティング加工

印刷部分に透明のウレタン樹脂を立体的にコーティング加工したものです。傷が付きにくくプリント面の保護、擦過性・耐水性にもすぐれています。

《例》シール・クリップ・USBメモリ 等

エッチング加工

ステンレス、真鍮、銅板を溶液にしたし、文字、デザインを彫り込む加工です。凹の部分に色を注入することをスミ入れといいます。スミ入れをすることで名入れ部分を際立たせます。

《例》キーホルダー・ストラップ 等

2D彫刻加工

内部レーザー加工機でガラス内部へ平面的に彫刻する加工法です。入れる文字やデザインの奥行きを調整する事が可能で、文字・ロゴマークでも立体感を作り上げることができます。

《例》クリスタルトロフィー 等