× 閉じる
カテゴリ
ぴったり検索
    • 数量
    • 名入れ
    • 予算
× 閉じる

数量と金額から選ぶ

  • 数量
  • 名入れ
  • 予算

【名入れ工房クレーム対応物語】緊急ミッション! 配布までにのしを巻き直せ!

〈2020.10.9〉

トラブルやアクシデントは、少なければ少ないほど良いし、可能なら無いのが一番ですよね。

私たち名入れ工房も、取引メーカーの厳選、スタッフの定期的な研修などを通じて、お客さまにより確かなサービスをご提供できるよう、日々努めています。

しかし、大量の記念品を納めさせていただく中で、やはり一定数、不良品が発生したり、トラブル・アクシデントが発生することもあります。

スタッフのミス、メーカーのミス、時にお客さまのミス。トラブルやアクシデントが起こる原因はさまざまですが、そうした問題が発生したときに一番重要なのは、それにどう対応するか? ではないでしょうか。

この「名入れ工房クレーム対応物語」シリーズでは、実際に弊社で起こったトラブル・アクシデント・クレームの実例を挙げて(お客さまの社名・団体名等はあえて伏せさせて頂いております)、その問題をどのように解決したのか? をご紹介していきます。

今回ご紹介するのは、横浜のとある企業様で起きた「のしの文言」に関するトラブル事例です。

やっぱり令和にしてほしい?! のしの文言に関するクレーム

皆さまは、平成が令和に切り替わったタイミングのことを、覚えていらっしゃいますか?

平成最後の日は2019年4月30日。翌日の2019年5月1日から、元号が令和に切り替わりました。

記念品をこの前後の日程で配布された企業様・団体様の中には、名入れやのし、メッセージカードの文言に入れる日付を、平成31年と令和元年のどちらで入れるか、迷われた方も多いのではないでしょうか?

今回、クレーム事例でご紹介する横浜の企業様もそうでした。

ご注文フォームから頂いた内容で、のしの文言は「平成31年度」となっていたのですが、時期が時期ですから念の為、弊社スタッフからも重ねて「のしの表記は平成で間違いありませんか? 令和でなくても良いですか?」という確認も、別途取らせていただいておりました。

その上で、のしには「平成31年度」の印刷を行っていたのですが……、

もうお察しですよね。

納品後、お客さまから「上司より平成31年ではなく、令和元年でないとダメだと言われまして…」とご連絡がきました。

しかも、そのご連絡をいただいたのは記念品配布日の前日です。

商品を弊社に返送していただき、弊社で新しいのしを巻きなおして再度納品させて頂く…といった時間的な余裕はありません。

そこで、名入れ工房がご提案した対応策は、弊社スタッフが大阪から横浜に飛び、新しいのしを巻き直す、という力技でした。

幸い(?)、ご注文数がそれほど膨大ではなかったこともあり、現地で2名のスタッフがのしを巻き直す、という作戦が無事成功。配布予定日に間に合わせることができました。

今後もクレーム対応実例を、随時ご紹介予定!

のしの巻き直しを、スタッフが現地に飛んで間に合わせた、という今回の対応事例、いかがでしたか?

名入れ工房では、今後も実際に起こったアクシデント・トラブル・クレームの対応事例を、随時ご紹介予定です。

弊社が「いざという時」どのような対応するのか、それを発信していくことで、お客さまのご検討材料のひとつとなれば幸いです。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。